2020.11.13 ウェルスナビと比較されやすいロボアドバイザーtheo(テオ)に93万円を預けた実績を公開しています。 メリット・デメリットやどんな人にお勧めなのか。どういう使い方ができるのかまで詳しく解説しています。どうぞご覧下さい。

50万円~200万円未満:6か月毎に0.01%割引 2020.11.13 ©Copyright2020 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.All Rights Reserved. この記事では、とくに人気のロボアドバイザー「ウェルスナビ」「楽ラップ」「theo」「on compass(マネラップ)」の運用実績を、公式サイトと当サイトの運用実績を使って以下3つに分類し、成績を比較しました。 Hedge Guide おすすめセミナー(参加費無料) 【10名限定】10月13日(土)11:00~場所:株式会社ジーイークリエーション セミナールーム(外苑前駅1a番出口すぐ)税理士中出良氏を招いての不動産投資セミナー! ウェルスナビはETF(上場投資信託)投資などを中心とする長期投資に向いた資産運用サービスです。 ロボアドバイザーのタイプは、「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類に大きく分かれます。アドバイス型のロボアドバイザーは、利用者ごとの固有の条件や投資環境に応じた資産運用プランを提供してくれますが、実際の運用自体は利用者自身の手で行う必要があります。 一方、ウェルスナビのような投資一任型のロボアドバ …

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム, 将来の資産形成手段として、ロボアドバイザーを検討する方や利用し始めている方が増えています。, この記事では大手が提供するロボアドバイザーサービスのウェルスナビとTHEO+ docomoのどちらを選べばよいかについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。ロボアド選びの参考としてぜひご活用ください。, まずは、ウェルスナビとTHEO+docomoのサービス概要、それぞれの運営企業について簡単にご紹介します。, ウェルスナビは投資一任型のロボアドで、ウェルスナビ株式会社が提供しているサービスです。投資一任型とは、顧客の年収や資産額などの投資環境、投資を行う場合のリスク許容度を自動的に判定、個人に最適な運用プランを構築し、資産運用を行ってくれるものです。, (注)自己資本規制比率は企業経営の健全性を表す重要な財務指標で、金融商品取引業者は、この自己資本規制比率が120%を上回るよう努めることが義務付けられています。, THEO+docomoは、ウェルスナビと同じく投資一任型のロボアドで、株式会社「お金のデザイン」とNTTドコモの協業サービスとなっています。, ウェルスナビとTHEO+docomoは、運用プランの提案・構築からポートフォリオのリバランスまで任せられる投資一任型サービスである点は同じです。両者の違いを「投資戦略」「ポートフォリオ」「コスト」「利回り」などから細かく見ていきます。, 資産の運用方針について、ウェルスナビとTHEO+docomoは共通して次のものを掲げています。, これらの資産運用方針をまとめると、「個々の顧客に対応する長期国際分散投資」の方針になります。ウェルスナビでは世界50か国・11,000の銘柄から、THEOでは世界86の国・地域、11,000以上の銘柄から投資対象が選定されています。, ウェルスナビとTHEO+docomoともに、資産運用方針は長期国際分散投資であり、主な投資対象は海外ETFとなっています。, 投資対象の選定基準では、ウェルスナビ、THEO+docomoともに、「一定以上の資産規模・流動性がある」「運用コストが低い」ことを基準としていますが、ウェルスナビでは「金融庁に外国投資信託の届出がされている」こと、THEO+docomoでは「一定期間以上の継続安定性がある」ことを条件としているなど若干の違いがあります。, ETF選定の考え方では、ウェルスナビ、THEO+docomoともに、マーケットの平均的な動きに連動するインデックス運用、長期的な安定性、低運用コストを重視するなど、共通点は多くあります。, 実際に投資対象とする銘柄数をみると、ウェルスナビでは、海外ETFの中でも純資産総額が大きい7銘柄を選定し、それらの配分比率を変えて運用プランを作成しています。一方、THEO+docomoではETFから30銘柄を選定するなど、ウェルスナビと比べて多くの銘柄を投資対象にし、それらを組み合わせて運用プランを作成しています。, このように選定する銘柄数には違いがあるものの、両者のポートフォリオ構築の考え方や基本路線は似ています。, ウェルスナビとTHEO+docomoの基本となる手数料はほぼ同じです。基本手数料は、両者とも年率で預かり資産の1%(税別)としており、預かり資産が3,000万円を超える部分は、0.5%と安くなっています。基本となる手数料に加え、両者ともに割引サービスを設けています。, ウェルスナビでは、運用期間と運用金額に応じて手数料の割引が拡大する「長期割」のサービスがあります。運用金額50万円以上200万円未満で6ヶ月ごとに年率0.01%、運用金額200万円以上で6ヶ月ごとに年率0.02%を割り引いてくれるという内容です。最大で年率0.9%まで手数料が割り引かれます。, 一方、THEO+docomoでは、dカード GOLDを利用しているなど一定の条件を満たした場合に手数料が割引になる「カラーパレット」というサービスがあります。顧客のカラーによって基本手数料をさらに割り引いてくれるもので、毎月の積立と対象期間内に出金していないことを条件として、運用金額1万円以上で年率0.9%、50万円以上で年率0.8%、100万円以上で年率0.7%、1,000万円以上で年率0.65%まで手数料が割り引かれます。, このように基本的な手数料は両者同じですが、割引サービスを加えて総合的でみると次のような違いがあります。, ウェルスナビとTHEO+docomoでは過去の運用実績を公開しているため、そのデータから利回りを比較することができます。, ウェルスナビは、顧客のリスク許容度に応じて、ローリスクローリターン型の「リスク許容度1」からハイリスクハイリターン型の「リスク許容度5」まで、5段階の運用プランを用意しています。以下は、ウェルスナビのサービスが開始されたスタート時点(2016年1月19日)で100万円、その翌月から毎月3万円ずつ2020年9月末まで積立投資した場合の運用実績です。, 上記数値からウェルスナビの年率リターンを算出してみると、利回りは円建てで2.71~4.37%、ドル建てで4.06~5.76%(いずれも2020年9月末時点)となります。, 一方、THEO+docomoは、投資対象を世界の株式ETFとするハイリスクハイリターン型の「グロース」、投資対象を債券ETFとするローリスクローリターン型の「インカム」、投資対象をコモディティ・不動産・物価連動債とする資産防衛型の「インフレヘッジ」の運用プラン構成要素を設定しています。その3つの構成要素の配分比率を変えることで、顧客のリスク許容度に応じた228通りの運用プランを用意しています。, ※利回りは、「月初めに時価評価額が100万円以上である」「月中に入出金にともなう取引がない」「月中に譲渡税の支払い・還付、配当税の還付がない」「月中に資産運用方針(ポートフォリオ配分比率)の変更がない」の条件を満たす実際の口座のリターンの時価評価額加重平均。, 両者ともに過去の運用実績を公開していますが、それぞれ集計の方法やデータの元となるポートフォリオの組み方などが異なっています。例えば両者の集計期間は、開始時期が異なっており一致していません。また、ウェルスナビの利回りは、集計期間トータルの利回り数値であるのに対し、THEO+docomoは1年ごとの年率数値です。, また、データの元となるポートフォリオの組み方では、ウェルスナビは、特定のモデルケースについて運用した場合の実績で、THEOは一定の条件を満たす実際の顧客のポートフォリオについて、その運用実績を年率に換算した数値です。, 両者の利回りは集計期間や集計方法、ポートフォリオの組み方などが異なるため、単純な比較は難しいですが、双方ともに年率でプラスを維持し、運用成績の良いものは高い数値を示しています。, リスク許容度別に見ると、集計期間中は比較的良好な景気状況であったこともあり、双方ともにハイリスクハイリターン型のポートフォリオのほうが、ローリスクローリターン型よりも運用成績が良好です。, ウェルスナビの最低投資金額10万円に対して、THEO+docomoの最低投資金額は1万円と始めやすくなっています。, 従来は、ウェルスナビにのみ「DeTAX(デタックス)」という自動税金最適化機能がありました。DeTAXは、配当金を受け取る、または運用途中で最適化を行う場合に売却益が生じると課税対象となるため、ポートフォリオの中に含み損の未決済銘柄があれば同数量の決済を行い、その損金と売却益を相殺して税負担を繰り延べることができる機能です。, THEO+docomoにも自動税金最適化機能が備わっています。税金最適化の方法は、基本的にはウェルスナビと似ています。そのため節税機能の比較では、ほぼ互角と言えるでしょう。, ウェルスナビとTHEO+docomoの両者ともに、長期国際分散投資を運用の基本方針としており、投資対象銘柄の選定やポートフォリオの作成基準もよく似ています。具体的な投資銘柄数などでそれぞれの個性はあるものの、基本的にはリスクを分散するため広範囲な投資対象をターゲットにするという共通点を見ることができます。, そのため、両者を比較するには、他の評価項目であるコストや最低投資額を基準に選ぶと良いでしょう。, コスト面では、基本的な手数料はウェルスナビとTHEO+docomoの両者ともに同じですが、割引サービスの適用条件や内容に差があります。毎月の積立と対象期間内に出金しないというTHEOの割引条件は満たさないが、50万円以上の金額で運用ができるという方は、ウェルスナビの「長期割」特典を受けられるため、向いています。, 最低50万円以上のまとまった額で積み立てるよりも投資そのものに価値をおきたいという方は、ウェルスナビを検討してみると良いでしょう。, また、2020年11月13日以降に下記タイアップページ経由で新規に資産運用を開始するなどの条件を満たした方に対して、「1000円がプレゼント」されるキャンペーンが実施中です。(※キャンペーンの適用条件の詳細は、下記ページにてご確認下さい), THEOの手数料割引サービスの適用を受けるには、dカード GOLDを利用していることや、毎月の積立を行っていること、および対象期間内に出金していないことなどが条件となります。毎月積立を行い、頻繁に出金しない方は割引サービスが適用されるため、向いています。, なお、THEO+docomoの割引条件を満たすと同時に、50万円以上の運用というウェルスナビの割引条件もクリアする場合でも、THEO+docomoのほうが割引率は大きくなります。, 最低投資金額で比較すると、THEO+docomoは1万円から始められるメリットもありますので、少額で始めたい方や、長期的に大きな額を運用したいという方には手数料の割引率が大きいTHEOのほうが適しているでしょう。, ウェルスナビとTHEOのサービス内容を詳細に比較しました。コスト面で始めやすいTHEOを選ぶか、ある程度まとまった資金で運用を始めるのに向いたウェルスナビを選ぶかは個人の状況次第です。, ロボアドバイザーをこれから始める方は、この記事を参考に、ご自身に合ったサービスを選んでみてください。, 10万円から投資できる!現在、1000円プレゼントキャンペーン実施中!手数料の長期割あり, 1万円から積立可能!運用額に応じてdポイントがもらえて手数料割引も最大で35%OFF, Tポイントで株やFXに投資できる!SBI証券とCCCの大手2社が組んで実現したポイント投資, ファンド資産運用ロボアドバイザーウェルスナビ海外投資海外ETF運用手数料積立投資THEO+docomo.

200万円以上 :6か月毎に0.02%割引, ウェルスナビはETF(上場投資信託)投資などを中心とする長期投資に向いた資産運用サービスです。, ロボアドバイザーのタイプは、「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類に大きく分かれます。アドバイス型のロボアドバイザーは、利用者ごとの固有の条件や投資環境に応じた資産運用プランを提供してくれますが、実際の運用自体は利用者自身の手で行う必要があります。, 一方、ウェルスナビのような投資一任型のロボアドバイザーは、資産運用の最適なプランを提供してくれるのに加え、実際の運用面では金融商品の発注、運用中の資産配分最適化などを一部自動で行ってくれます。, ウェルスナビの基本的な運用方針は、「長期的な資産形成」です。そのため株式投資やFXのように短期間で大きな利益を上げたい方には向きません。ウェルスナビにおける資産運用は、10~30年など長期間にわたって少しずつ利益を積み上げ、結果的に大きな資産形成を目指すものです。, 長期的な資産運用は、その間の経済や景気の動向により収益が上がらない時期もありますが、投資を継続することで景気が回復した時期にはまとまった資産を築き上げることが期待できます。, ウェルスナビは、結婚資金や子供の教育資金、また、住宅資金や老後の生活資金など、特定の目的でまとまった資産を作りたい方に向いた資産運用サービスとなっています。, ウェルスナビは、投資一任型のロボアドバイザーです。前述した通り、投資一任型は各利用者の資産状況や投資環境に応じて最適な資産運用プランを提案してくれ、さらに運用面の一部自動化が図られています。, そのため、仕事や勉強が忙しく資産運用を自分で行う暇がない会社員・主婦・学生の方、あるいは、投資に慣れていない初心者の方などに向いたサービスといえるでしょう。, なお、ウェルスナビのウェブサイトでは、利用者に最適なポートフォリオを提案してくれる無料診断をいつでも受けることができます。メールアドレスを登録して必要書類を用意すれば口座開設手続きも簡単にでき、最短2営業日でウェルスナビを始められます。, ウェルスナビにおける「長期投資」は、長期にわたり少しずつ資産を増やしていく手法であり、投資のリスクを時間的に分散する効果があります。, 特定の一時期にまとめて投資を行う場合、その後に相場価格が下落すれば大きな損失を受けることになります。それを防ぐには、毎月一定の金額分を継続して購入するなど、投資のタイミングを分散させることで損失回避が期待できます。ウェルスナビの投資法も長期にわたり継続して行う手法であるため、リスクの分散が可能となっています。, また、ウェルスナビは世界約50カ国の金融商品を投資対象とし、リスクを地理的にも分散しています。, 投資対象が特定の国や地域に集中し過ぎていると、その国や地域の政治・経済事情の影響を大きく受けやすく、投資リスクも高くなります。そのため、投資対象は地理的に分散させることが重要となり、ウェルスナビでは世界約50カ国、1万1,000以上の豊富な銘柄に分散投資を行っています。, さらに、ウェルスナビでは米国株・日欧株・新興国株・米国債券・物価連動債・金・不動産など、投資商品の分野・種類を広く分散させているため、保有株式が下落しても保有債券が上昇してカバーするなどリスクを最小限に抑えるよう図っています。, 「投資はしてみたいが大きなリスクは負いたくない」「できるだけ安心・安全に資産運用がしたい」という安全運用の志向が強い方にも向いているでしょう。, ウェルスナビは最低投資金額10万円、積立は1万円から始めることができます。一方、他の投資一任型ロボアドバイザーの最低投資金額は、株式会社お金のデザインが運営する「THEO(テオ)」は1万円、マネックス証券が運営する「マネラップ」は1,000円と、より低額から始められるサービスもあります。, また最近では、ポイント投資など現金を使わずに投資を始めることができる様々なサービスも増えてきています。そのため、余裕資金がない方や投資初心者の方が始めるには、ウェルスナビの最低投資金額がハードルとなる場合もあるでしょう。, なお、ウェルスナビでより少額の投資を行いたい場合は、ポイント投資サービスである「ネオモバ」のユーザー向けに特化させた「WealthNavi for ネオモバ」なら1万円から始めることができるので、検討してみると良いでしょう(※「WealthNavi for ネオモバ」は、ポイント投資ではなく現金投資です)。, ウェルスナビの利用手数料は、年率で預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)となっています(3,000万円以内の場合)。, 投資信託の運用コストである信託報酬は商品により様々ですが、年率で預かり資産の1%より安い商品も提供されています。また、ユーザーが自分で株式投資やFXを行うとすると、運用方法にもよりますが、さらにコストを下げることができる場合もあります。, ただ、ウェルスナビでは運用の手間を省いてくれることもあり、投資初心者の方や時間的な余裕がない方にとってはメリットを感じることができるでしょう。, ウェルスナビの運用実績を見てみましょう。以下は、ウェルスナビのサービスが開始されたスタート時点(2016年1月19日)で100万円、その翌月から毎月3万円ずつ2020年9月末まで積立投資した場合の運用実績です。, ウェルスナビには、利用者のリスク許容度に応じて5段階のレベルが設定されています。ローリスク・ローリターンの「リスク許容度1」からハイリスク・ハイリターンの「リスク許容度5」まで5通りのポートフォリオが提供され、運用実績や利回りはリスク許容度により異なってきます。, また、ウェルスナビは海外ETF(上場投資信託)を投資対象としていることから、資産価値の変化をそのまま算定した数値が「ドル建て」、ドル建ての評価額に為替レート変動の影響を加味した数値が「円建て」となります。, 上記の算出により、ウェルスナビの年率平均利回り(※)は円建てで2.71~4.37%、ドル建てで4.06~5.76%(いずれも2020年9月末時点)となっています。, ※「年率の平均利回り」は、ウェルスナビがウェブサイトで公開している「通算リターン率」に、通算運用期間である2016年1月19日〜2020年9月末までの日数を分母とし、1年(365日)を分子とした数値を累乗して算出したものです。, ウェルスナビの利用手数料は年率で預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)ですが、割引特典もあります。運用期間と運用金額に応じて、最大0.90%まで手数料が割り引かれます。, 例えば預かり資産額が3,000万円を超える部分については、年率0.5%(現金部分を除く、年率・税別)と安くなります。また、50万円以上で運用を続けると6ケ月ごとに手数料の割引率が拡大し、最大で年率0.9%まで安くしてくれる「長期割」があります。さらに200万円以上で運用すれば6ヶ月ごとに0.02%割り引かれます。, 運用金額が50万円以上なら、手数料は最短5年目以降に0.90%になり、200万円以上なら2.5年目以降で最大割引率に達することになります。, 他のロボアドバイザーを見るとウェルスナビよりも最低投資金額が低く、始めやすいサービスもあります。一方、分散投資によりリスク低減を図りながら高利回りを達成している点がウェルスナビの大きな特徴と言えるでしょう。さらには運用の手間も省いてくれるので、仕事で忙しい方や投資知識のない方でも気軽に運用を続けられるのもメリットになります。, なお、ご紹介したウェルスナビの運用実績は将来のリターンを保証するものではなく、元本を割り込む可能性があることも留意しておきましょう。, この記事を参考に、ロボアドバイザーによる資産運用に興味が湧いた方は、サービスの特徴やリスクなどをよく比較した上で、ご自身の投資方針に最も合ったサービスを検討しましょう。, また、2020年11月13日以降に下記タイアップページ経由で新規に資産運用を開始するなどの条件を満たした方に対して、「1000円がプレゼント」されるキャンペーンが実施中です。(※キャンペーンの適用条件の詳細は、下記ページにてご確認下さい), 10万円から投資できる!現在、1000円プレゼントキャンペーン実施中!手数料の長期割あり, 1万円から積立可能!運用額に応じてdポイントがもらえて手数料割引も最大で35%OFF, Tポイントで株やFXに投資できる!SBI証券とCCCの大手2社が組んで実現したポイント投資, 利回り資産運用分散投資リスク分散少額投資ロボアドバイザーウェルスナビ投資一任型最低投資金額平均利回り. ウェルスナビサービス開始時(2016年1月19日)から原資100万円、毎月3万円積み立てたリスク許容度別の運用実績になります。 公式サイトの結果から、 リスク許容度5が一番高いパフォーマンス ということがわかりますね! HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」, 仮想通貨やブロックチェーンに関する国内外の法規制動向、取引所、大手金融機関、ICOなどに関する最新情報をお伝えしています。, Hedge Guide おすすめセミナー(参加費無料) 【20名限定】2月17日(土)11:00~ 場所:東京国際フォーラム(有楽町駅1分)テレビ東京「ガイアの夜明け」出演FPが教える!『物件の選び方と買い方』を徹底解説! 《特別出演》金融機関に勤務するマンションオーナー! 副収入を得ながら近い将来を安心させる、更には老後の不安を解消するための失敗しないマンション投資の始め方を、マンション投資の専…. ウェルスナビでほったらかし資産運用1年5ヶ月目の運用実績. ©Copyright2020 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.All Rights Reserved. HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」, 仮想通貨やブロックチェーンに関する国内外の法規制動向、取引所、大手金融機関、ICOなどに関する最新情報をお伝えしています。, Hedge Guide おすすめセミナー(参加費無料) 【20名限定】2月17日(土)11:00~ 場所:東京国際フォーラム(有楽町駅1分)テレビ東京「ガイアの夜明け」出演FPが教える!『物件の選び方と買い方』を徹底解説! 《特別出演》金融機関に勤務するマンションオーナー! 副収入を得ながら近い将来を安心させる、更には老後の不安を解消するための失敗しないマンション投資の始め方を、マンション投資の専…. THEO(テオ)を含めてロボアドバイザーを運用していますが、驚愕の連続です。 その理由、本当になにもすることがなく完全ほっ... WealthNavi(ウェルスナビ)手数料1%は高いと思っていますか?

The following two tabs change content below.

現在のウェルスナビのポートフォリオです。 米国大統領選が一応決着がつき、新型コロナウイルスのワクチンに希望が見えた事で世界的に株価全体が上がっています。 『相続対策、家族信託×家賃収入』徹底解説!《特別出演》医療従事者であるマンションオーナー! アットホームな雰囲気の中での【少人数セミナー】です。今回は、税理士を招いての「不動産…, アクサIM、「責任投資にコミットしている欧州資産運用会社ランキング」で2年連続1位に, ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」サイト大幅リニューアル。現金プレゼントキャンペーンも, 退職金制度にもESG基準。ナティクシスIM「2020年リタイアメント・インデックス調査」. !【500円からはじめる】, ロボアドバイザー(ウェルスナビ)をおすすめしない理由。こんな人は投資しないほうがいい【初心者必見】. ロボアドバイザーコラム

運用実績が一番良いロボアドバイザーはこれ!best3. ウェルスナビとテオ、正直どっちがいいんだろうと思っていませんか? 本記事では、ウェルスナビとテオを比較しています。ポイントは運用結果、手数料、独自のサービス。この3つのポイントを徹底解説しました。 ウェルスナビとテオで迷っている方は必見です。 HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム, 長期的な資産運用を気軽にできるロボアドバイザーの利用者が増えています。中でも投資一任型の「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、預かり資産や運用者数で国内トップ(※)のロボアドバイザーであり、働く世代の方を中心に支持されています。, この記事では、ロボアドバイザーを検討している方のために、ウェルスナビの特徴や利回りや運用実績について詳しくご紹介していきます。ウェルスナビの平均年利を知りたい方、ロボアドバイザーに興味のある方は、参考にしてみてください。, ※ 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年6月時点), 【長期割(手数料が最大0.90%(年率)まで割引に)】 ただ、WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザー系で、預かり資産数、預かり金額No.1なので実績面で1歩抜きに出ています。 実績や信用を何よりも重視する方は、WealthNaviが合うかもしれません。 WealthNaviでもTHEO同様に、運用プランの無料診断が可能です。 ウェルスナビとTHEO+docomoでは過去の運用実績を公開しているため、そのデータから利回りを比較することができます。 ウェルスナビは、顧客のリスク許容度に応じて、ローリスクローリターン型の「リスク許容度1」からハイリスクハイリターン型の「リスク許容度5」まで、5段階の運用プ … 本記事では、ウェルスナビの手数料を解説しています。結論から言うと、手数料1%は安いと判断できます。

荒野行動 マセラティ 色 7, 風マグナ 終末 5凸 5, Lush バニラ 香水 4, ハイブリッド 新聞 退会 6, 柳原可奈子 痩せた 仰天ニュース 5, 勾玉 作り方 100均 38, 東戸塚 コ ワーキング スペース 16, 筋トレ 後 ヤクルト 7, ピアノ簡単 ゆっくり 初心者 8, Youtube ドリフ 雷様 4, 宛先 英語 Cc 32, 横山やすし の 片恋酒 11, Zuku 2 イヤーバキュームクリーナー Sa 1779 13, らくらくホン インターネット 繋がらない 11, Itストラテジスト 午前2 対策 6, 冷凍パン 膨らま ない 8, ドモン Ss クロス 37, ハイキュー 本誌 最新話 5, ゲームセンターcx 動画 301 4, パイレーツオブカリビアン ワールドエンド ロケ地 16, Official髭男dism 使用 機材 24, 伊勢ケ浜部屋 親方 車 5, 福岡市 副業 在宅 5, 綾瀬はるか 実家 金持ち 5, 白井家 母 インスタ 5, Airsoft97 神戸店 場所 4, Celeron N3450 Passmark 17,