日本兵の遺体を足蹴にする米兵:同上.

サブカテゴリー. document.write(''); ©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved. リング (34) ネックレス (5) ピアス (1) イヤリング (1) ブレスレット・バングル (5) 鑑定書付ダイヤモンド (1) すべて. 占領下の日本に押し寄せてきた米兵と恋に落ちた日本人女性たちは、「戦争花嫁」と呼ばれる。その多くが家を捨て、言葉もわからない米国に渡った。その背景には何があったのか。そして、アイデンティティの喪失と苦闘しながら戦後を生きた女性たちは、何を思っていたか。 サブカテゴリー. この日朝、首里司令部西方のシュガーローフ・ヒル(安里52高地)に侵攻してきた米軍は撃退したが、シュガーローフ・ヒル北側およびハーフムーン・ヒル(真嘉比大道森)北側の一部を制圧した。守備隊の独立混成第15連隊長は、シュガーローフ・ヒル正面に配置されている海軍山口大隊の損耗が激しいため、旅団予備から復帰した独立混成第15連隊第1大隊をシュガーローフ・ヒル正面に配置した。, 「手榴弾投げ合う安里の戦い」元海兵隊員トム・プライスさん:NHK戦争証言アーカイブス, 首里司令部西方ではその他、天久台洞窟を死守し抵抗をつづけていた独立第2大隊古賀宗市大隊長以下の残存者は、無線で適時敵情報告をおこない、斬込みを敢行していたが、この日夜大隊長以下残存者総員での斬込みにより全滅した。 第32軍は独立混成第44旅団に防衛築城隊を投入し、さらに海軍から抽出した20組の斬込隊を天久、真嘉比方面に派遣し、那覇正面(首里西方)の防衛にあてた。 首里司令部北方では、沢岻南方の大名高地方面への米軍の攻撃は活発ではなかった。第62師団長は沢岻から後退した歩兵第64旅団司令部を師団予備として再編成させ、歩兵第63旅団司令部を首里南端の赤田町に移動させた。 首里司令部北東では、第24師団の中地区隊(歩兵第22連隊)が守備する首里司令部北東の130、140、150高地(現在の首里石嶺町2丁目市営住宅付近か)は、戦車を伴う強力な米軍の攻撃をうけ、130高地南側、140高地北側斜面に米軍は進出し、150高地東側半部は米軍に占領された。 石嶺東方地区にも米軍が進出したが、戦車第27連隊がこれを撃退した。 このころ中地区隊の歩兵第22連隊に戦力はほとんどなく、第24師団長はこの日夕方、150高地奪回のため、昨夜前線から撤退した歩兵第32連隊から一個大隊を派遣し、140高地および150高地の奪回確保を命じた。 また師団長は独立第29大隊、独立速射砲第3大隊主力を歩兵第22連隊に配属した上で、独立第29大隊は130高地正面に、独立速射砲第3大隊主力は130高地から150高地全正面の戦闘を支援するように16日夜に配備された。 歩兵第32連隊長は、第1大隊(伊東大隊)に140、150高地を奪回するよう命じた。伊東大隊はこのころ第3中隊が戦車連隊に配属され、大隊砲は2門とも破壊されており、歩兵二個中隊、機関銃一個中隊の兵員約200名で、この日朝平良北側から撤退したばかりであった。 伊東大隊長は高地奪回の命令をうけたものの、無準備では夜襲は成功しないと考えた。一方で命令は絶対であり、「今夜の夜襲の成否はもはや問題ではない。命令を受けたからどうしても夜襲をせねばならぬ。大隊のいままでの名誉を忘れないことが大事である。名こそ惜しめ、武夫は名こそ惜しめ」と訓示したという。 伊東大隊はこの日夜、130高地を経て140高地に到着し、さらに150高地に向かった。16日の明け方には同高地の西半分を占領し、米軍と30メートル~40メートルの距離で対峙した。 首里司令部東方では、運玉森北西800メートルの100メートル閉鎖曲線高地で終日激戦が続き、頂上付近は米軍に占領された。同高地を守備する歩兵第89連隊の第7中隊は戦力がほとんど消耗したため、第6中隊が増加された。運玉森は西方からの強圧をうけ、米軍の一部は頂上近くまで進出してきた。, シュガーローフ・ヒルへ向けて進軍する第4海兵連隊第2大隊を援護する戦車:沖縄県公文書館【写真番号85-36-3】, ガレキと日本兵の遺体に囲まれるなかで前線の海兵隊員に指示をする将校 45年5月15日撮影:沖縄県公文書館【写真番号95-30-1】, 米軍の沖縄上陸より2ヶ月近くの時間がたち、壮絶な戦闘が連日つづくなかで、このころより米軍による日本兵や住民への残虐行為が目立ちはじめる。, シュガーローフでの住民殺害 NHKが公開している沖縄戦関連サイト「沖縄戦全記録」には、沖縄戦時、シュガーローフ・ヒル周辺で撮影された映像が公開されている。次の画像はその一場面であるが、そこには銃弾が飛び交うなかを逃げる住民の姿と、その住民が狙い撃ちにされ倒れていく姿が映し出されている。これだけの至近距離であるのだから、米兵は住民と理解した上で発砲したことは間違いない。 シュガーローフ・ヒルに隣接するハーフムーン・ヒル(真嘉比の大道森)でもシュガーローフ・ヒルと一体となり激戦が展開されたが、この真嘉比周辺では多くの住民が戦場に取り残され、壕に避難していた。一方で、戦闘が激化するなかで真嘉比住民は日本軍による壕追い出しにあい、戦場を行く当てもなくさまよったという証言もある。こうした戦場をさまよった住民たちが発砲されたところが、ちょうどこの映像に残っているのではないだろうか。 もちろん第32軍が住民に変装し、夜間斬込みなどを敢行していたことは何度も触れている通りであり、米軍にとって住民と兵士の見分けがつかなかったという理由もあるだろうが、この映像を見る限り、住民(少なくとも住民の格好をした人たち)が攻撃してきているのではなく逃げているのであり、米軍にとって発砲しなければならない急迫した危険があるとはとても思えない。彼らが住民であり、また攻撃する必要もないことをわかった上で、あえて発砲したと考える他ない。, 激戦が展開されているシュガーローフ・ヒル周辺を逃げる住民 彼らはこの後、米軍の発砲により倒れる:NHK「沖縄戦全記録」より, 投降した兵士や住民の殺害 その他、米兵は投降した日本兵や住民をその場で「処刑」することもあった。日本人への偏見や蔑視から投降した日本兵や住民をその場で殺害するということは、太平洋の島々での戦闘でも見られたことだが、それは沖縄戦でも繰り返されたのである。 米軍にとっては、日本兵や住民が投降するふりをして攻撃するといったこともあり、投降した者を殺害しなければならなかったとの理由もあったのだろうが(事実、そうした例もあるのだろう)、捕虜にする手続きの煩雑さを考え、投降した者をその場で殺害することもあったといわれている。 殺害に至らずとも、収容された捕虜への違法なリンチも多数記録されている。ある捕虜は訊問にあたり、米兵にリンチされ、ナイフをつきつけられたり、銃をつきつけられたりしたそうだ。特に執拗に捕虜の性器を蹴ったり、性器にナイフをつきつけるといった暴行もあったと記録されている。明らかに米兵も異常な心理状態に陥っていたことがわかる。 その他、日本人への憎悪をつのらせたと思われる虐殺も頻発している。特に沖縄戦最末期、米第10軍司令官バックナー中将が戦死した直後には、多数の住民が壕から押し出されその場で射殺されるといったこともあった。 日本人への憎悪という点では、沖縄戦の地上戦の最初期、抵抗や逃亡をせず、命乞いすらした日本兵を殺害した米兵が米軍内の取調べをうけた記録がある。 4月14日夜、日本兵がコザから島袋に向けて民間人の服装で歩いていたところ米軍の憲兵隊に発見された。憲兵は日本兵を民間人と思い、別な方向へ行くよう指示したが、日本兵にその意味が伝わらなかったため拘束し検査した。そうすると日本兵は民間人の服の下に軍服を着ており、また荷物から機銃が見つかったという。日本兵は抵抗も逃亡もせず、憲兵隊に命乞いをしたが、憲兵隊は日本兵を憲兵隊の拠点まで連行し、憲兵Aがその場で射殺したという。 いくら何でもこの憲兵Aの処置は不適切であるとして米軍の査察官がこの件について査察をしたところ、捕虜を殺害した憲兵Aは「日本兵が自分の足の間に両手を入れたので、足の間に手榴弾を隠し持っているかもしれないと思い撃った」などと訊問に答えたという。しかし、この際、日本兵は裸にされており、手榴弾など持っていないことは明らかである。査察では他の憲兵Bが「なぜ憲兵Aは日本兵を殺害したのか」と訊問され、「憲兵Aは『奴は日本兵だから』といっていた」と答えているが、結局は日本兵だから、日本人だから、という憎悪が米兵のなかで殺害行為・違法行為を正当化させるまでに募っていたといえる。 なお、沖縄戦における住民殺害や捕虜をめぐる認識について、海兵隊員として沖縄戦に従軍したジョー・ドラゴさんが証言している。, 住民を殺害したことや女性捕虜が手榴弾をもっていたことなどを証言するジョー・ドラゴさん: 「住民を巻き込んだ戦場」NHK戦争証言アーカイブス, 遺体損壊 米軍は兵士や住民の殺害のみならず、殺害した兵士や住民の遺体の損壊もおこなっていた。例えば第6海兵師団のジェームズ・P・ラフリッジは、日本兵の遺体から金歯を抜く行為を繰り返し、片手いっぱいぐらい集めたなどと回想している。遺体から削ぎ取られた耳が戦利品として売買されたり、交換されるといったこともあった。 ETV特集「よみがえる戦場の記憶~新発見 沖縄戦600本のフィルム~」には、米兵が日本兵の遺体を掴みあげたり、遺体を足蹴にし、また遺体に向けて執拗に銃を撃っているところが記録されている。公開するのをためらうような残虐な画像であるが、歴史の事実として見てもらいたい。, 日本兵の遺体を掴みあげる米兵 何かの撮影をするためにあえて掴みあげているようにも見える:ETV特集「よみがえる戦場の記憶~新発見 沖縄戦600本のフィルム~」, こうした残虐行為や暴行、違法行為とともに、米軍による性暴力の問題を見過ごすことはできないが、これについてはまたあらためて取り上げたい。 それとともに、こうした残虐行為をおこなったのは日本軍も例外ではなかったことは忘れてはならない。殺害された米兵が木に針金で縛られ、口に自身の睾丸を押し込まれていた姿を目撃したという証言も残っているし、石垣島や宮古島での米兵捕虜の「処刑」なども日本軍による残虐行為といえよう。 また沖縄戦の地上戦が一応終結した45年7月、米軍は首里で米兵の遺体が埋められているのを発見するが、遺体の首にはロープがかけられていたという。おそらく首を絞められ殺害されたものと思われる。第32軍は沖縄島でも少なくない数の米兵を捕虜にしているが、彼ら米兵捕虜は、このようなかたちで「処刑」された。当然、残虐行為といわねばならない。, ・戦史叢書『沖縄方面陸軍作戦』・『沖縄県史』各論編6 沖縄戦・「沖縄戦新聞」第10号(琉球新報2005年5月27日)・保坂廣志『沖縄戦捕虜の証言─針穴から戦場を穿つ─』(紫峰出版)・NHKオンライン「沖縄戦全記録」・ETV特集「よみがえる戦場の記憶~新発見 沖縄戦600本のフィルム~, 【沖縄戦:1945年5月15日】シュガーローフ争奪戦つづく 米兵による沖縄住民殺害、日本兵捕虜の性器を狙ったリンチ、遺体への銃撃など残虐行為が頻発, 沖縄戦の日々の出来事を発信しています。記事内容は毎年更新し、増補・充実させています。特に女性や子ども、アジアの人々にとっての沖縄戦を考えたいです。ヘッダー画像は1945年4月1日沖縄島に上陸する米軍(沖縄県公文書館所蔵)。, 【沖縄戦:1945年5月14日】「地獄の一週間」─シュガーローフ争奪戦はじまる 「我戦力逐次低下シ敵ハ那覇北側ニ侵入シツツアリ」─首里防衛線の崩壊せまる, 【沖縄戦:1945年5月16日】「現戦線ノ保持逐次至難トナリ組織的戦略持久ハ終焉セントス」─首里防衛戦闘の終焉が近づく 沖縄刑務所の解散.

スペクター 意味 タコ 14, クリープ ハイプ 猫の手 歌詞 56, 20世紀少年 漫画 無料 7, Girl's Day メンバー 16, 同期機 等価 回路 6, チワワ 旭川 里親 35, 結婚 不安 高校生 7, 隕石 爆発 ニコニコ 8, 青い鳥 ドラマ 動画 Youtube 30, Radiko 通信量 どれくらい 4, Hancho V07 Rar 34, Redmine ガントチャート 担当者 4, リモートデスクトップ接続 後 すぐ 切れる Windows7 11, グリーン 歯科医 勤務先 5, 古畑任三郎 中森明菜 ネタバレ 9, Hey Say Jump キスシーン 14, アネハヅル ヒマラヤ越え なぜ 5, ライオンキング 劇団四季 動画 10, ガラス マッギョ スーパーリーグ 6, リッチマン プアウーマン 3話 あらすじ 11, ウイイレ 新しいスカッド 作り方 21, ミロのヴィーナス はらむ 意味 9, Mcpeマスター 使い方 最新 4, シェラ デ コブレの幽霊 ネタバレ 15, アミリオンドリームズ 歌詞 カタカナ 5, インスタ Fff 返し方 17, 投資信託 最強 ポートフォリオ 20, 役所の対応 悪 すぎ 喧嘩 してき た 7, 都立推薦 内申 基準 53, ヨドバシ 店舗受け取り ポイント利用 5, Ark プロコプトドン 場所 9, ごくせん 五十嵐隼士 現在 10, おんj まとめ 関係ない 25, Line Live 有料配信 13, 消化酵素 サプリ おすすめ 9, Twitter 検索履歴 勝手に消えた 36, ボードゲーム 作成 ツール 7, るろうに剣心 強さ議論 63 33, ワニ トカゲ 違い 12, プロレスラー 食事 なんj 9, マイクラ 体験版 座標 4, 留萌 子供 遊び 6, Iss 見える日 2020 26, Ark リーパー コマンド 26, 明石家さんま ダーツの旅 動画 11, 貴ノ花 利彰 葬儀 8, Rav4 シートベンチレーション 後付け 10, ぺこぱ Cm 何本 21, 栃木県 登山 初心者 5, 出張鑑定団 アシスタント 近すぎ 6, レペゼン地球 歌詞 門りょう 7,